香りと記憶

匂いを嗅いで、思いがけず忘れかけてた記憶が蘇った経験はありませんか?

これは、「プルースト効果」と言われているものです。

忘れかけてた記憶が蘇る「プルースト効果」

フランスの作家「マルセル・プルースト」の小説。

失われた時を求めて」の中で、主人公が紅茶に浸したマドレーヌの匂いで幼少期を思い出したワンシーンから名づけられました。

アロマテラピー

嗅覚は五感の中で唯一、大脳辺縁系とつながっており、古い無意識な記憶を呼び覚ます作用があります。

動物たちは、道標、動物界の序列など、未だ重要なサインとして念入りに確認しています。

今は香りの作用を生かした「アロマテラピー」も有名です。

におい展

そんな時代もあり、「におい展」は総動員27万人を突破した盛況ぶりで話題となりました。

代表的な香り

参考までに代表的な香り

  • シトラス系:レモン、グレープフルーツ… フレッシュで活発
  • フルーティ系:バニラ、ラベンダー… 甘く可愛いらしい
  • フローラル系:ネロリ、ジャスミン… 穏やか、優しい
  • シプレー系:シナモン、アニス、ムスク… クールで知的
  • オリエンタル系:サンダルウッド、パチェリ… 大人ぽい、ミステリアス

お気に入りの香りは何ですか?

香害

◇◆現在、「香害」といわれる言葉も出回る社会ですが、

フランス「香りのアレンジ」

パフュームの歴史深いフランスでは、

香りを付けるのを止めるのではなく、香りのアレンジをしてみる、、

そんな対応で折り合いをつけているようです。お国柄ありますね。